奨学金制度やクレジットカード活用法

奨学金制度 介護福祉士になるために養成校へ通うとなると 学費の問題を避けて通ることは、出来ません。

  奨学金には、お金を返さなければならない「貸与制度」と お金を返さなくてもいい「給付制度」の二つがあり 貸与の場合でも無利子であったり 低金利なので無理なく返済できるようになっています。

 奨学金の種類には、日本学生支援機構奨学金、民間育英団体の奨学金、学校独自の奨学金、地方公共団体の奨学金などがあります。

  そのほかにも奨学金は、ありますが 主にこの4つとなっています。

日本学校支援機構奨学金について

 こちらは、貸与制度となります。無利子のプランと有利子のプランがあります。
募集人数も比較的多く 基準も緩やかといわれています。

  有利子のほうが 親の所得や学力に対しての基準が緩やかです。

  支給期間は、学業や生活の状況が 学校から日本学生支援機構に提出されその状態によっては、指導があったり 停止することもあります。

民間育英団体の奨学金

 企業や個人の設営しているものです。応募基準・条件などは制度ごとに異なり、支給方法も貸与制と給付制とがあって支給金額も数万円から、学費全額を給付してくれるものまでさまざまです。

学校独自の奨学金

 学校が独自に設けている奨学金で 特別入試を行うところもありますが学校によって違いますので学校に問い合わせてみることをお勧めします。

地方公共団体の奨学金

 都道府県や市町村などの地方公共団体の行っている制度で 親がその地域に住んでいなければなりません。

  他の制度との併用は認めておらず 募集人数も少ないです。 成績などの基準は、緩やかです。

その他

 その他にも奨学金制度はありますが 主なものはこれらのもので 自分の状況などによって使うものを選ぶほうが良いでしょう。

  他にもローンや市の優遇制度もありますので しっかりと調べてより良い方法を使うことをおすすめします。

  特に交通遺児や母子家庭である場合は、貸付が受けられる制度があったりもしますので そちらの方も該当する方は、市に問い合わせをする事をおすすめします。

クレジットカードを利用する方法も

 専門学校や通信講座をご利用の場合は、還元率の高いクレジットカードで受講費用を少し還元することが可能です。参考書代や問題集代、そして本やDVDが好きな方も1枚クレジットカードを保有してみてはいかがでしょうか。クレジットカード選び@おすすめランキングで検討されてみてください。

 ただし、介護福祉士に限らず、多くの専門学校では、分割やリボ払いではなく、一括払いだけに対応しています。