社会福祉士との違い

 社会福祉士とは身体上または精神上の障害がある人、又は環境などにより日常生活を営むのに支障がある人の相談、助言、指導その他の援助を行う間接的な仕事に対して、介護福祉士は身体上または精神上の障害があるため日常生活を営むのに支障がある人に対し様々な介護、または介護に関して指導をする直接的な仕事です。

 別の言い方で社会福祉士はソーシャルワーカーと呼び、介護福祉士はケアワーカーとも言われます。

  社会福祉士は施設での相談員として働く方が多いと思いますが現実として介護福祉士より募集が少ないようです。

  給料や待遇面に関しても余り差がある所はなく、事務員と変わらないところもあるみたいです。

さらに分かりやすく説明すると

  さらに分かりやすく説明すると、社会福祉士は入所するときの手続きや面談などで家族と話すことが多く介護福祉士はほとんどが要介護者本人とのお付き合いとなるという違いがあります。

  社会福祉士が介護関連受給の手続きをするところもあるようです。

あなたはどちらを選ぶか

  このことからも、自分がどういうところにいたいのかという事で取るべき資格が違ってくることがお分かり頂けると思います。

  お年寄りを介護したいのに、社会福祉士の道へ進んだり、介護に関する手続きや法的に関わる仕事をしていたいのに介護福祉士をとってしまってもなんの意味もないことになってしまいます。