介護福祉士の需要は?

 日本人の平均寿命は、20年前から比べるとかなり伸びてきています。加えて出産率の低下により若者の人数は減少し近い将来半分近くが高齢者となることが予想されます。

 こうしたなか、高齢化社会を迎え確実に介護福祉士の需要は高まっています

  施設や在宅介護の現場において女性が8割近くをしめており、力のある男性の介護福祉士の需要もふえています。国の方針でも施設で働く職員は介護福祉士相当がよいとされ(介護福祉士でなければいけないというわけではない)、将来的にさらに施設での需要が多くなると思われます。

  また、人材不足を補うために外国人を介護員として受け入れようという動きも国の方針としてみられるように、人材不足が叫ばれている職場です。

将来的には必須の資格になる可能性も

  ただ、先ほど述べたように、今現在では「介護福祉士相当」のものであっても将来的に、介護職の必須資格となる可能性も多くあり、介護施設にとっては介護福祉士の人員設置などが義務付けられるという変更も予想されていますので、これからますます需要は高まっていくでしょう。

  介護福祉士の資格は年齢や性別に関係なく取得でいきる国家資格です。活躍の場は、老人ホームや養護施設、民間のシルバー関連サービス業など多岐にわたっているため、一言で介護福祉士といっても様々な職場環境があり、自分にあった職場をさがすことをおすすめします。