通所リハビリテーション(デイケア)

デイケア デイケアとは痴呆や精神障害を有する患者さんまたは脳血管疾患に起因する運動障害を有する患者さんの心身機能回復・維持の目的で医療機関が行うサービスで、医師の指示のもと通所リハビリ計画にもとづいて理学療法や作業療法などのリハビリテーションを受けるサービスです。

 医療機関のデイケアの基準はスタッフには医師、専従する理学療法士、作業療法士、または経験を有する看護師が必要です。

デイケアで提供するサービス内容

  デイケアで提供するサービス内容は下記のようになっています

  1. 症状、障害、全身状態の観察
  2. 個別リハビリテーションの提供
  3. レクリエーションを通しての心身機能の維持・回復
  4. 各種趣味活動を通しての精神活動性維持・向上
  5. 入浴サービス
  6. 管理栄養士によるバランスのとれた昼食の提供
  7. 専用車にて、安全な送迎
  8. その他、在宅介護、リハビリテーションに関する相談・援助など

 デイケアはデイサービスと似ていますが、あくまでも心身機能の回復または維持するためのリハビリが中心です。もちろんデイサービスと同じく閉じこもりになりがちになるのを防ぎ、適度な刺激や緊張、社会性持たせることも目的としています。

  他人との交流をはかることがデイケアの主な目的となっています。

  リハビリテーションというと疾患や怪我などにより、動かしにくくなったり不自由な体を動かすイメージがあると思いますが、ここではそれだけではなく日常生活に必要な動作や運動機能の向上、義肢 装具、自助具と呼ばれる 使いやすいお箸やスプーンなどの紹介も含めて、必要にあわせてアドバイスするところです。

  また、疾患や怪我・障害がない方や、運動不足や自宅で一日を過ごしてしまわれる方でもデイケアを利用することができます。

  もちろん介護認定を受けている必要があるのはデイサービスと同じですがリハビリを含むこともあって、医師の指示(診断書など)がなければなりません

  職場として考えたときはデイサービスと同じで送迎があるため免許を持っていると採用されやすいでしょう、男性なら大型免許があるとさらによいとおもわれます。またサービスが日中に限られているため夜勤がありませんので、「夜勤はちょっと」と言う方にも良い職場だとおもいます。